Menu Close

COLUMNコラム

HOME > コラム > 構造・断熱・気密・換気の全てが出来ていないと意味が無いです

構造・断熱・気密・換気の全てが出来ていないと意味が無いです

2022-12-09

高性能住宅といって売っている会社が多いです。

低性能では売れないからですね。

 

まずは、それぞれの性能で基準とするレベルについてお伝えします。

【構造について】

 

長期優良住宅で「耐震等級3」にしてください。

間違っても「耐震等級3相当」にしないでください。

全く別物です。

 

【断熱について】

断熱は間取りが決まったら計算で求められます。

ココでの基準は

HEAT20 G1 以上にしてください。

U値0.56より小さい数値です。

0.5切るぐらいで愛知県なら大丈夫です。

 

お金を掛けたら数値は良くなりますが、

コスパが悪くなります。

 

【気密について】

必ず測定をしてください。

C値0.5を切るように!

C値0.1とか0.2は難しいです。(インザホームでの平均数値です)

 

【換気について】

まずは、外部の換気です。

外壁・屋根の通気が設計されているのか?

特にバルコニーを設計する場合は必ず聞いてください。

屋根の通気も形状によって異なります。

 

室内の換気も十分にとりましょう。

高額なシステムを導入する必要はありません。

室内換気は会社によって様々ですので、必ず質問してください。

インザホームでは、熱交換型の換気扇ではありませんが

省エネで冬の室温は20度以上になりどこにいても温かいです。

 

 

*************************************************

さて、この4つの性能はぞれぞれとても重要なのですが

どれか一つでも欠けてしまったら意味が無いです。

 

【事例1】

耐震等級3でも気密が悪ければ、結露してしまいます。

結露したら、壁の中の湿度があがりカビが生えます。

断熱の性能も落ちてしまいます。

 

【事例2】

高気密高断熱住宅でも耐震がなければ

台風や地震で家が揺れてしまいます。

揺れたら、家の隙間がだんだんと大きくなります。

その結果、隙間から冷気が入り結露します。

もちろん、電気代も上がりますね。

 

【事例3】

高気密高断熱でも換気ができていなければ

温かいけど、なんとなくドンヨリした空気になってしまいます。

新鮮な空気ではないので健康的ではありませんね。

また、室内の湿度を排出しなければ

壁の中で結露してしまいます。

 

 

と言う訳で、どの性能が欠けても重大な欠陥になってしまいます。

断熱だけ強化するよりも

4つの性能をバランスよく地域にあった仕様にする方が

効果があり、コストも抑えられます。