• Facebook
  • Instagram

TEL0120-31-7770

無料相談 お問い合わせ リンクバナー

PAGE TOP リンクバナー

SHACHOU BLOG

社長ブログ

SHACHOU BLOG

2021/10/08

住宅の気密について

こんにちは、前田です。

 

どこの会社も高気密住宅って言います。

それだけで消費者は信用してしまいます。

本当にいいのかな~って思います。

 

そもそも、しっかりと測定している会社って

愛知県では1~2割ぐらいだそうです。

 

自社測定の場合、ズルが出来ます。

この機械で測定するのですが、

口元をテープで少し塞ぐだけで気密数値は出ます。

データ改ざんですね。

 

それでも密閉した空間で誰もいない中で自社測定していたら

出来てしまう不正です。

だから、第三者機関の測定がいいですね。

 

モデルハウスの気密ではダメです。

あなたの家がどれくらいの気密なのかが重要です。

 

で、インザホームの気密性能は

C値0.2~0.3ぐらいが平均値です。

家全体の隙間が35㎠ぐらいです。

 

この数値、実はもっと上げる事ができます。

だけど、予算も必要になります。

 

例えば、サッシを樹脂サッシ

床断熱から基礎断熱にするだけでも

かなり良くなると思います。

 

それで数値があがったとしても

0.2が0.1になるとは限りません。

 

C値0.3以下の世界になってくると

掛けたお金以上の効果はあまり出ません。

 

例えば、ものすごく電気代が下がるとか、温かくなるとか・・・

感じる事はできません。

 

それでもC値は0.5以下を目指して欲しいと思います。

住宅会社選びの時に聞いてみてください。

 

 

ちなみに、C値は現場測定でしか出ません

設計では分かりませんので、約束は出来ないのです。

私たちもいつもC値0を目指してやっていますが

物理的に塞ぐ事が出来ない部分もあります。

 

今回、覚えて欲しいのは

気密測定をしている事

C値は0.5以下

この2つです!