Menu Close

Performance 地震・台風に強い

HOME > 地震・台風に強い

Structure 地震に強い構造

(日経ホームビルダーより抜粋) 実際はこの強度が多く、建築基準法にも適合しています。 営業マンが「地震に強い家です」と言っているレベルの家です。

こちらが耐震等級3の家。インザホームでは全棟このレベルになります。特別な工法や材料・機材を採用しなくても地震に強い家を建てる事が出来るのは、しっかりとした建築知識があるからです。

損傷ランク V(破壊)
倒壊
Ⅳ(大破)
全壊
Ⅲ(中破)
大規模半壊
Ⅱ(小破)
半壊
Ⅰ(軽微)
一部損壊
無被害
損傷比率 旧耐震基準 ~1981年6月 214棟(28.2%) 133棟(17.5%) 373棟(49.1%) 39棟(5.1%)
新耐震基準 1981年6月

2000年5月
76棟(8.7%) 85棟(9.7%) 537棟(61.2%) 179棟(20.4%)
2000年6月~ 7棟(2.2%) 12棟(3.8%) 104棟(32.6%) 196棟(61.4%)
耐震等級3 0棟(0%) 0棟(0%) 0棟(0%) 2棟(12.5%) 14棟(87.5%)

耐震等級3の家は、震度7が2回発生した熊本地震のときに多くの建物が崩壊するなか、震源地でありながら被害が少なく今でも安心して暮らし続けている家なのです。

特殊な工法や構造は必要ありません。構造知識がある建築士が間取りを考えて、構造計算をする手間を惜しまなければ、家族の命は守る事ができます。 命だけではなく、財産も守る事ができます。 インザホームでは、全ての家が1級建築士の設計する耐震等級3です。

Basic performance

間取りを考える段階から地震に強い家が決まる

「構造ブロックを考える」

特殊な工法にしたり、構造計算をしたり、大工の腕がいいから、地震に強い家になるとは限りません。 制振装置やダンパーをつければ、ある程度は揺れを軽減できますがお金が掛かります。 実は、間取りを考える初期段階で構造が良い家がほぼ決まってしまいます。 それなのに、建築士でもない営業マンが間取りを描いている会社が多いのが業界の悪習です。 強い家を建てるには「構造ブロック」を考えなければなりません。

この写真はインザホームの基礎鉄筋です。 基礎に地中梁があり、赤丸で基礎が区画されているのが分かります。

この区画を「構造ブロック」と言います。この区画の4隅には柱があり、建物荷重をしっかりと基礎から地盤に伝える事が出来る構造になっています。 つまり、間取りを考える時に基礎などの構造も一緒に考える事で地震に強い家になるのはもちろんですが、特別な工法や材料を使わなくても強い家ができるのでコストダウンにもなります。 逆に元々が地震に弱い間取りを無理やり強くする事になれば、構造材も大きくなりますし、施工性も悪くなりコストアップになる可能性は高くなります。

Structural plywood 構造用合板の釘の打ち方

「徹底した現場管理が重要」

構造計算だけではなく、計算通りの性能が出せるように現場管理をする必要があります。
インザホームでは、設計している1級建築士の前田が全ての現場管理をしていますので、計算通りの性能が出ます。

自ら設計した現場を管理している事のメリット

  • 構造知識がある1級建築士がプランをしているから安心
  • 設計と施工が一貫しているので、間違いがない
  • 前田が現場で職人さんにも教育して知識向上しているので施工レベルが高い
  • レベルの低い・態度の悪い職人は、出入り禁止になる。(前田が厳しい)
  • 現場のコストについても設計に反映できるのでコスパ良い家が出来る

デメリットもあります。

正直に言いますと、レベルの高い家を建てているので、
私が設計と管理ができる範囲だけしかお請け出来ません。
だから、少しだけお待ちいただく場合があります。

Foundation rebar インザホームの耐震等級3の基礎鉄筋

  • #01 Thickness 鉄筋のかぶり厚とは鉄筋の外側とコンクリート外側までの距離です。部位によってその距離は決まりがあり60mm以上必要になります。

  • #02 Durability 写真はインザホームのかぶり厚ですが70mm確保しています。わずか数センチの事ですが住宅の耐久性を向上させるには必要な事です。

  • #03 Structure 構造を理解している人が間取りを考えて構造計算をして配筋を決めてそれをしっかりと施工管理出来る人がいてはじめて強い家になります。

なぜインザホームでは、全棟構造計算を原価で実施しているのか?

それは、住む方の生命・財産を守る為に技術者として絶対に選んで
頂きたい項目が耐震等級3ですので原価で提供しています。

Specifications

構造計算を行い耐震等級3が標準仕様の訳

木造2階建て住宅のような建築上の軽微な建物は構造計算書の提出が義務付けられていません。建築士が設計した建築基準法上のルールさえまもれば合法的に家は建てられてしまいます。 計算をしているといっても、壁量計算や構造検討などの軽微な計算を構造計算と言っている場合がありますし、「耐震等級3相当」という基準の無い言葉でそれらしく言っている場合が多いのでご注意ください。その建物が地震に弱くても、大きな地震や台風が起こらなければ、何も問題ありません。

もし、地震が発生して家が住めなくなってしまっても、それも合法なのです。

法律上は倒壊しない家までの基準で、斜めになっていても逃げる時間がれば良いぐらいの強度しか規定されていないのです。 法律上は軽微な建物の構造は建築士にゆだねられて、その責任も建築士が取る事になっています。よく考えると恐ろしい事です。

私たちは、生命・財産を守る為に最初から構造計算をして地震や台風に強い家を建てています。
その強度は、熊本震災で震度7が2回発生しても住み続けられる住まいになる事は証明されました。

↓↓ より詳しい内容が知りたい方は
こちらの資料がおすすめ! ↓↓