Menu Close

Hiraya 平屋に住む

HOME > 平屋に住む

Lifestyle proposal 01 ライフスタイルの提案

家族を近くに、自然を近くに
感じる平屋の暮らし。

以前は、平屋=田舎の家、というイメージを持たれる方も多かった平屋ですが、最近はとても人気な平屋の家。ワンフロアなので、違う部屋にいても家族が近くにいるように感じられます。また、階段が無いのでお子様が巣立たれた後の老後の生活も安心。光や風、雨さえもインテリアの一部として取り入れることができます。

人気の平屋は土地や住む方の価値観によってプランは無限です。

人気の理由は、老後の暮らしが安心、建物の外観が美しい、人とは違った家になる、ぜいたくな気分になる、
掃除が楽、地震に強そう、外壁のメンテが楽・・・・など様々です。
その反面、デメリットもあります。
大きな土地が必要になる、間取りの工夫が必要、隣家や道路からの視線が気になる、
陽当たりが悪くなる、工事費が高くなりやすい・・・などです。

■平屋のプラン例です。

■隣家からの視線を考えた中庭プランです。

■中庭に面して窓があるので、開放的な空間で明るい家になります。

インザホームでは予算も注文できます

デメリットの価格については、ご予算も注文できます。
建物・造成・庭・カーテン・照明・エアコン・・・・全体のご予算での設計が可能です。
もちろん、家の基本性能である構造・断熱・気密・換気は高レベルです。
ご予算については、建物規模や敷地条件により異なりますので、無料相談かLINE@でお問い合わせください。
土地探しから考えていくとかなりコストカットできると思います。

平屋と2階建ての良い所取りをした
ほぼ平家がインザホームでは人気があります。

平屋の最大のメリットは1階で暮らしが完結する事です。
例えば子供室や納戸の様に大人が日々の暮らしであまり必要としないスペースを2階に配置して、
1階部分の面積を減らす事で、土地面積が50坪でも可能です。 そして、寝室を1階にプランする事で「ほぼ平家」で暮らしと予算とのバランスが取れるかも知れません。
これは一例ですが、住む方の価値観次第で平屋のカタチも変わります。

Housework comfort

ワンフロアで家事ラク

生活空間がワンフロアでつながっている平屋は、シンプルな動線で家事や掃除がスムーズに行えます。
キッチンを中心に回遊動線を考え、水まわりを一か所にまとめるなどの工夫をすれば時短にもなり、家事がラクになります。

Lifestyle-friendly storage

ライフスタイルを考えた収納

どの部屋にもアクセスしやすいのは平屋ならでは。生活導線を基に適した場所に収納を設けるとより暮らしやすく、便利になります。外出時に身につけるものは玄関に、洋服などは各自の部屋に…。自分たち家族が暮らしやすいように収納スペースを考えましょう。