Menu Close

COLUMNコラム

HOME > コラム > 制振装置を付けたからって地震に強いとは限らない ポジショントークにだまされないで!

制振装置を付けたからって地震に強いとは限らない ポジショントークにだまされないで!

2022-11-16

地震に強い家と言っている住宅会社がほとんどです。

地震に弱い家では売れないかです。

 

地震に強い家の根拠 を聞いてください。

よく聞くのが

「〇〇工法だから地震に強いです」

 

〇〇工法は住宅会社の都合で、地震に強い根拠ではありません。

ポジショントークです。

 

〇〇工法でも構造計算して、耐震等級3になっていなければ

地震に強い家ではありません。

 

制振装置も良く使われるポジショントークです。

付ける事は良い事だと思います。

ただし、耐震等級3にする事が絶対条件です!

 

以前に他社の建築中の家を外からみました。

制振ダンパーが付いていました。

 

この時点で???な訳です。

つまり構造用合板が張ってないのです。

構造用合板とはコレ

これを張らないと壁量が足りないので

かなりの壁に筋交いを入れる事になります。

 

この写真はインザホームの家です。

構造用合板を張っていても筋交いがかなり入っています。

 

これぐらいの壁量があって、制振装置なら意味があります。

これが耐震等級3になります

 

インザホームではご要望があれば制振装置をつけますが

それにも予算は必要になります。

 

家の大きさによりますが、60~100万円ぐらいになると思います。

それよりも耐震等級3の構造計算した方が

根拠のある「地震に強い家」になります。

 

構造計算の費用は地震保険が半額になるので

7年ぐらいで元がとれます。

 

どこにお金を掛けるべきなのか?

何が本当に必要なのか?

大切なお金なので、よく考えて家づくりが出来るといいですね。