Menu Close

COLUMNコラム

HOME > コラム > 建物の高さを考える

建物の高さを考える

2022-09-22

こんにちは、前田です。

 

まずは敷地の写真です。

 

一見、広い敷地の様に見えるのですが

敷地内に山があるので

「崖条例」があり、

山の高さの2倍の距離までは

家を建てる事が出来ません。

 

実際に家を建てられる面積は

25坪ぐらいです。

 

そうなると3階建てという選択肢になります。

25坪の敷地には駐車場や浄化槽など必要で

基礎面積は15坪ぐらいになります。

 

完成したお家がコレです!!

 

道路から敷地までの高さが90㎝

そして3階建て

道路は北側

高さを考えるとかなりタイトな条件です。

 

南は山の高さで崖条例

北側道路斜線(高さ制限)

3階建てなので9mを超えると構造計算の金額が上がる

 

まだ色々ありましたが、

分かっている人が観ると

「良く建てれたね」って思うぐらいです。

 

設計するときは「高さ」を考える事が

とても重要になります。

 

今回の高さは

山・・・・崖条例

道路・・・北側道路斜線

敷地・・・平均地盤面と深基礎と造成

建物・・・3階建ての構造計算

 

これらが考えられないと

すごいコストになってしまいます。