Menu Close

BLOG社長ブログ

HOME > 社長ブログ > 日本の消費者物価指数は・・・

日本の消費者物価指数は・・・

こんにちは前田です。

 

2024年2月のCPI(消費者物価指数)は前年同月比で2.8%

政府の補助として0.49%が入っていないので、実際には3.29%

米国のCPIより高い事になります。

 

もし、2023年の2月に住宅を手に入れた人が3000万円だったとして

現在の2024年の2月には3.29%UPの3100万円ぐらいになります。

住宅の性能やデザインが同じだとしての話です。

つまり、家の価値は変わらないで、貨幣価値が下がっているって事です。

 

同じように2025年2月と2023年の2月で比較すると3200万円ぐらいです。

これを10回繰り返して2033年の価格は・・・・4150万円ぐらいです。

10年間CPIが3.29%上昇した場合ですので、もっと物価が上がる事もあるし、下がる事もあります。

 

どっちかと言うと上がる方が確立が高いと思います。

そして、日銀のマイナス金利撤廃により、これから住宅ローンも上がるかもしれません。

 

これらを考えると家が欲しいと思ったら、なるべく早く動いた方が良さそうですね。