Menu Close

BLOG社長ブログ

HOME > 社長ブログ > 石川県にいってきた

石川県にいってきた

こんにちは、前田です。

 

息子の高校が石川県です。

被災地ですが、学校が始まると言う事で車で送りました。

 

インターを降りると屋根瓦がずれている家が多かったです。

寄せ棟の屋根がずれている事が多かったです。

 

 

擁壁が割れていたので、大きな地震力が発生したのが分かります。

擁壁自体もRC造の上に間地ブロックが乗っている構造なので、どうなのかなって?思います。

 

地盤は液状化で大きく下がっています。

水位が高い砂地盤で液状化が起こりやすいです。

地震で揺れると砂と水が分離して、水は地耐力はないので地表に噴き出てきます。

これが液状化です。

 

液状化現象の詳しい仕組みは分かっていません。

どこで、どの程度の規模で発生するのかは、分からないですから対策も難しいのです。

 

これだけ地盤が下がると、埋設配管が割れていると思います。

建物が使えたとしても、生活が出来ない状態です。

 

いつも相談でお伝えしている事があります。

インザホームは耐震等級3の家が標準です。

法律で認められる耐震等級1は43年前の壁量計算になります。

新耐震基準の耐震等級1でも24年前の計算です。

 

耐震1では危険です。耐震1から耐震3へグレードアップするのには、お金が掛かります。

申請や計算で38万円ぐらい

構造で40万円ぐらいで可能です。

 

原価で80万円ぐらいで命が守れます。インザホームは原価提供しています。

それで命が守れるなら安いと思います。

 

どこの住宅会社も「地震に強い」と言いますが、設計と施工がしっかり出来ていてこそです。

今回、被災地を実際に観て建築士として色々と考える事がありました。