Menu Close

BLOG社長ブログ

HOME > 社長ブログ > 液状化対策と資産価値を下げない地盤改良

液状化対策と資産価値を下げない地盤改良

こんにちは、前田です。

 

今回は地盤改良についてです。

地質が砂で地下水位が比較的高い敷地です。

 

1回目の地質調査では改良しなくてもよいと判定でましたが

廻りの環境や調査データをみるとちょっと怪しい

 

そこで、違う試験方法で調査しました。

平屋なので、地耐力はありましたが

砂で地下水位が高い事ので「液状化」の心配がありました。

 

液状化対策が出来る地盤改良

敷地の資産価値を下げない事

この条件を満たした工法を選択しました。

 

エコジオ工法といいます。

 

穴を掘って中に自然石を入れて転圧する工法です。

 

 

残土が出なく、掘削土は穴の周りに

寄せるので周りの地盤も締まります。

 

そして、石の隙間に地下水が流れるので

水位が下がります。

 

敷地の水はけも良くなります。

 

敷地条件や周りの環境や調査データや予算などを

総合的に判断して

工法の選択をしています。

 

詳しくは動画でもお伝えします。

(只今編集中)