Menu Close

BLOG社長ブログ

HOME > 社長ブログ > 基礎断熱と床断熱はどちらが気密が取りやすいの?

基礎断熱と床断熱はどちらが気密が取りやすいの?

こんにちは、前田です。

 

1階の床をどのように断熱するのか?

断熱の考え方は会社によってさまざまです。

 

 

それぞれ良い部分と悪い部分がありますので

よく理解してから選ぶようにしましょう。

 

 

まずは基礎断熱と床断熱ってどんな断熱なのかをお伝えします。

基礎のコンクリートが異種部分に断熱材を張るのが基礎断熱です。

図の左側

基礎のコンクリートを打設する前に断熱材を入れておきます。

(写真の水色が断熱材です。)

インザホームでは水回りだけが基礎断熱です。

 

続いて床断熱

床合板の裏側に断熱材が入っています。

図の右側になります。

 

 

どっちが気密が取りやすいのか?

それは基礎断熱です。

 

 

基礎の部分のみの管理になる基礎断熱と

床全体の管理になる床断熱は

床断熱の方が面積が大きいので管理するのが大変なのです。

 

 

 

でも大変だからできない訳ではありません。

インザホームの床断熱仕様でも気密は

C値0.2を出しています。

 

 

 

色々な条件もありますが、

インザホームでは0.3~0.4が実績としての数値です。

(C値0.5以下を基準にしています)

1.0を切るのは学べば出来ます。

 

どうして、難しい床断熱を採用しているのか?

どうして、基礎断熱を採用しないのか?

これについては、次回にお伝えします。

 

 

無料相談でも詳しくお伝えしています。

お申込みはコチラ