Menu Close

BLOG社長ブログ

HOME > 社長ブログ > 「予算が少しあるので住宅の断熱効果を上げたい。」どのようにしたらいいのか? その3

「予算が少しあるので住宅の断熱効果を上げたい。」どのようにしたらいいのか? その3

こんにちは、前田です。

 

窓の熱損失のお話は前回しました。

ガスを入れ、ガスの種類を変えると断熱効果は上がります。

 

 

 

次に予算を掛けるのは、ガラスの枚数です。

ペアガラスはガラスが2枚

 

 

 

 

 

トリプルガラスというのがあります。

ガラスが3枚です。

つまり空気層が2層あるのです。

もちろん、ペアガラスよりも性能があがります。

 

 

 

で、気になるお値段ですが・・・

一般的な35坪ぐらいの家で40~50万円ぐらい金額あがります。

窓の大きさや数によって金額は違いますので注意してね。

 

 

熱還流率だけで言えば、どんなに高性能な窓でも壁には適いません。

だから窓が少ない方が、小さい方が有利なんですけど、

住宅ってなると明るさが欲しいし

太陽光入れて冬場の暖房補助にもしたい。

 

 

 

ちなみに、吐き出し窓(出入りできる大きな窓)1箇所、南面にあると

600Wぐらいの熱量があります。

分かりやすく言うとコタツ1台分

これも省エネになります。

 

 

 

 

だから、家の配置も重要になります。

様々な要素が組み合わさって、暮らしやすい快適な家が出来上がります。

 

 

 

これらの効果が分かりにくいのが

同じ条件で窓だけ変えたとか、断熱だけ変えたとか

条件別で住むことが出来ないんですよね。

 

 

 

断熱リフォームはすごくお金が掛かります。

だから、最初にしっかりと考えておきたいですね。

 

 

 

 

また、現場監督がこれらを理解して管理しているのかも重要になります。

設計だけでは、成り立たないのです。

 

 

詳しく知りたい方は無料相談にきてね。

お申込みはコチラ