壁に張る構造用合板にも施工基準はあります| IN THE HOME

有限会社 IN THE HOME / 〒444-1313 愛知県高浜市向山町5丁目9番17

FREE

無料相談 お問い合わせ リンクバナー

PAGE TOP リンクバナー

COLUMN

家づくりコラム

COLUMN

壁に張る構造用合板にも施工基準はあります

こんにちは、高浜市の建築士 前田です。

 

外壁に張る構造用合板です。

(写真の茶色の壁が構造用合板です)

 

この合板を張ると家が強くなります。

木造住宅の場合

地震に強い家と言うのは

壁の量が多い事を言います。

 

(免震装置やダンパーもありますが、建築基準法ではまだ認められていません。)

 

 

で、この合板を張ると2.5倍の強さになります。

更に、筋違を入れると1.5倍強い壁になります。

つまり、足すと4倍強い壁になるのです。

 

 

でも、これはしっかりと施工管理されていることが前提です。

この工事でポイントとなるのは、釘の打ち方です。

 

 

構造用合板の定義は

厚さ9mmの合板を

外周部100mmピッチ

中央部200mmピッチに

那賀さ50mmの鉄釘で打つ

 

 

合板は釘のピッチが印字してあるので、管理しやすいです。

 

 

一番間違えやすいのが釘のめり込みです。

 

 

今回使っているのは、

12mmの厚さの合板ですので、

2.5mmのめり込みまでは大丈夫です。

 

 

でも、それ以上だと厚さ9.5mm以下になりますので

注意が必要です。

 

 

工具で打ち込むと圧力調整が難しいので、

釘頭が少し出た状態で

手打ちをしないとめり込みは深くなります。

 

 

インザホームでは釘の管理も厳しくしています。

もし、構造を観る機会がれば釘のめり込みを観てください。

工事管理されているのかが分かります。

想い伝わる

無料相談会開催しています!

家づくりをとことん楽しみませんか?

みんなが不安になりがちなお金のこと、土地のこと、デザインや
設備、収納のこと、どんなことでもお気軽にご相談ください!

IN THE HOMEのハウスでお待ちしています!

0120-31-7770

メールでのお問い合わせ リンクボタン

IN THE HOME

有限会社 IN THE HOME/〒444-1313 愛知県高浜市向山町5丁目9番17