外壁の防水シートを雨漏れしないように施工してあるのかをチェックするのは現場監督の仕事です| IN THE HOME

有限会社 IN THE HOME / 〒444-1313 愛知県高浜市向山町5丁目9番17

FREE

無料相談 お問い合わせ リンクバナー

PAGE TOP リンクバナー

COLUMN

家づくりコラム

COLUMN

外壁の防水シートを雨漏れしないように施工してあるのかをチェックするのは現場監督の仕事です

こんにちは、建築士の前田です。

 

外壁にはサイディングやガルバや塗り壁・・・・

と多くの種類がありますが

 

 

その裏側の防水工事がしっかりと

施工されていないと雨漏れをしてしまいます。

 

 

雨漏れしないために工事の

チェックポイントは沢山あります。

 

防水シートの重なり長さが必要です。

シートは下から張っていきます。

 

水は上から下に落ちますからね。

そのシートの重なり長さはシートに

印が付いていますので、観たら分かりますね。

 

このシートの一番下です。

 

土台水切りを先に施工してから、

シートを上から被せます。

 

 

板金とシートを両面防水テープで張り付けます。

これをしないと、

シートの経年劣化でシートが曲がり跳ね上がってきます。

 

 

場合によっては風が吹いた時に

外壁の裏に跳ね上がったシートが当たり

音がなる事もあります。

 

 

外壁の目地にあるシーリング(ゴムみたいなモノ)が

剥がれてきても、

このシートがあるので雨漏れはしません。

 

 

よく外装のリフォームの訪問営業がいいますね

「目地が切れているので雨漏れがします。

今すぐに補習をしないと家が腐ってしまいますよ。」

と不安を煽ります。

 

 

シートがしっかりと施工されていたら

そんなことはありません。

 

想い伝わる

無料相談会開催しています!

家づくりをとことん楽しみませんか?

みんなが不安になりがちなお金のこと、土地のこと、デザインや
設備、収納のこと、どんなことでもお気軽にご相談ください!

IN THE HOMEのハウスでお待ちしています!

0120-31-7770

メールでのお問い合わせ リンクボタン

IN THE HOME

有限会社 IN THE HOME/〒444-1313 愛知県高浜市向山町5丁目9番17